イメージ画像

毛ガニのさばき方 ~ はさみ編 ~

今回は、毛ガニのはさみでのさばき方に関して、

レクチャーしていきたいと思います。

購入したカニは、冷蔵?冷凍?

 
通常、通販などで購入するカニは、冷蔵もしくは冷凍などで
ご自宅に届けられることが多いかと思います。
 
冷蔵の場合は、蒸して召し上がることが一番かと思います。
 
冷凍の場合は、基本的に冷蔵庫で一日おいて解凍を行うと
より美味しく召し上がることができます。
 
その際の注意ですが、冷凍されたカニに付着している微量の氷などが
カニの解凍と同時に溶け出しますので、水が出てもいい器など
乾燥を防ぐためラップをして解凍するといいでしょう。
 

■はじめに

現在、通販や市場では毛ガニの多くはまるごと販売されています。
 
毛ガニの醍醐味は、その濃厚な味噌と旨みたっぷりの足です。
 
メスの毛ガニの場合、卵を抱えているものもおり、
大変濃厚なカニらしい味を味わえます。
 
今回の毛ガニのさばき方では、カニはさみを使用します。
 
カニの甲羅や足は固い部分が多く力が入り、
手を怪我することもありますので十分に注意をして調理をしてください。
 
※カニはさみは、キッチンバサミとは違い刃の背部が丸くなっており、
身をいためずきれいにカラをむくことができます。
 
キッチンバサミでも十分調理には支障はありませんが、
カニはさみを使うと本当にきれいにカラをむくことができるのでおすすめです。
 

■ステップ1 【胴体と足のさばき方】

このステップでは、毛ガニの甲羅と胴体(足付)をばらします。
 
まず毛ガニの足を付け根からカニはさみで切り落としていきます。
 
カニを裏がして、ふんどし(腹の腹筋みたいなもの)をはがし取ります。
 
胴体についている「ガニ(灰色のもの)」を取ります。
※食べても無害ですが、カニが呼吸している部分なので
小さな砂などがついていて食感も悪く食用には向きません。
 

■ステップ2 【甲羅をはずす】

ふんどしを取った部分よりたてに方向にカニはさみを
頭の方面に向けていれていきます。
 
最後まで切り終えたら、胴体部分を片方ずつ取り外していきます。
 

■ステップ3 【胴体(だき肉)のさばき方①】

タラバガニやズワイガニと違い毛ガニの身は、
足よりも胴体に身がしっかりついているので胴体の身を
きれいに処理するとより毛ガニの身を味わえます。
 
胴体の足の付け根部分に胴体の中心に向かってカニはさみを入れ、
ザクザクと切っていきます。
 
この時、固い足の付け根の穴にカニはさみをいれ切っていくと
身を傷つけにくいです。
 
最後に、胴体の中心から手でパカッと開くと
カニ用フォークなどで食べやすいです。
 

■ステップ3 【胴体(だき肉)のさばき方②】

上述したようにタラバガニやズワイガニと違い毛ガニの身は、
足よりも胴体に身がしっかりついているので胴体の身を
きれいに処理するとより毛ガニの身を味わえます。
 
【胴体(だき肉)のさばき方①】では、胴体が平行に半分になるさばき方です。
 
この②では、ブロック型に切っていきます。
 
胴体の足の付け根の横をざくざくとカニはさみで切っていきます。
 
それぞれ足の付け根のブロックができたところで
足の付け根の固い部分の一部を取っていきます。
 
ちょうど足の数だけの身のブロックができるので
食べる人数が多いときなどはこちらのほうが取り分けが簡単でおすすめです。
 

■ステップ4 【足のさばき方】

足の上部を2mmぐらいのところを切り取ります。
 
その後、足の下部を穴からはさみをいれ切り、
カラを取り除くと大変食べやすくなります。
 
大概は、身がもったいないので足の真ん中に
カニはさみを入れて切っていきます。
 
しかし、上述した方法で足を切るとカニの足の形を崩さずに味わえて、
しかもほじりやすいです。
 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年12月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:カニのさばき方

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ